ばあちゃん未満の一人言 〜マンガとアニメとゲームと〜

還暦過ぎました。怖いものはもうあまり無いかな😆なので好きなものについてブツブツと。

PS4

こんにちは

 

PS4買いました。

先日、思いがけない収入があり、

色々あった故のお金なので、使っちゃいたいなあ…と思ったので,

前々から欲しかったPS4Proを。

ソフトはドラクエⅪ。

秋には、サクラ大戦新作が出るとか。

いつか出るらしいFF7のリメイクも楽しみに待ちます

 

では、また。

 

バルタン星人

こんにちは

 

学生時代、サークルのコンパ中、突然、一人の男子が立ち上がり

肘を曲げたまま斜め前に両手を挙げ

指は、親指と親指以外の四本でカニはさみを作り

『フォッ!フォッ!フォッ!』と。

すると、他の男子が何人も立ち上がり同じように

『フォッ!フォッ!フォッ!』 

 

私も…したかったです。

 

周りの女の子たちは

生温かい目で まったく何やってんだか(笑) と。

 

ソウデスヨネ

立ち上がる勇気はなかったです。

というより感動に打ち震えていました。

なぜかというと

 

昭和40年頃は

家でテレビを録画?

    なにそれ  空想科学小説の話だよね?

再放送?

    いつやるか、わかんないじゃん。ていうか、やるの?

 

というわけで、一期一会。

必死に目を凝らして隅々まで記憶するため

親に話しかけられても上の空。

そんなもんそこまで夢中になるもの⁉️ と、怒られる怒られる🥺

 

翌日の学校でも、特に話は盛り上がらず…

 

私も忘れていました。スッカリ

 

で、コンパです。

その集団を見ながら、

嗚呼、仲間がいたのだ。こんなにたくさん。

と、涙、なみだ😢

いや、我慢しました。我慢はなれてるので。

 

ちなみに、バルタン星人という名前は、その後調べました。

私の記憶では、タイトルに怪獣の名前が載るのは少なかったような気がします。

それどころか、番組中に名前が呼ばれることがなかったこともあったような気がします。

 

では、また。

 

呪術廻戦

はじめまして

ばあちゃん未満と申します。

よろしくお願いします。

 

  子供の頃からマンガが大好きでした。

  50数年前、世の教育ママと呼ばれる人たちの中で

真剣に信じられていたのは、

マンガを読むとバカになる  という事でした。

  これは後々  アニメを見るとバカになる 

                      テレビゲームをするとバカになる

というバリエーションを生みます。

  終戦(敗戦)から十数年みんなが貧しく、でもたくましくいきている時代。

  昨日より今日、今日より明日、少しずつだが確実に豊かになっていく。

  そんな中、世の母親たちが子供の将来を考えて、邪魔になりそうなものの

排除に動くのは、今なら少し解ります。

  でも、私は、大好きなものを全否定されるのはしんどかった…です。

 

今更言えない母への愚痴はここまで

 

 

 

呪術廻戦 です。

今一番好きなマンガです。

主人公の人柄に好感が持てるし、仲間たちもいい。

人の死が哀しみを持って描かれる。

嗚呼、騙されたという快感。

登場人物の言葉がささる。

   『私は綺麗にオシャレしてる私が大好きだ‼︎』

   『強くあろうとする私が大好きだ‼︎』

   『私は「釘崎野薔薇」なんだよ‼︎』

         う〜〜ん  たまりません  です。

 

今回、このブログを書くにあたって、気になっていた

呪術廻戦0巻買いました。

買ってよかった。

面白かった。

すみません。まだ咀嚼が終わってなくて

こんな感想しかかけません…です。

 

では、また。